薬を飲んでいる女性

ピルを飲み忘れた場合の状況別の対処法

ピルを飲み忘れた場合の対処法は、飲み忘れた時間によって変わってきます。
そもそもピルは女性ホルモンを意図的に補充することにより、女性の身体を妊娠したような状態にし、これによって妊娠しにくくするというものです。
一般にピルと呼ばれているものは低用量ピルのことで、この場合には一日ごとに同じ時間帯に決められた錠剤を服用することで女性ホルモンを補充します。
女性ホルモンは過度に補充すると副作用が強く出るため身体への負担が大きく、低用量ピルでは必要最低限の女性ホルモンを補充することによって副作用が出にくくしています。

このように必要最低限の女性ホルモンを補充するという性質のためピルを飲み忘れた場合には、効果が失われるケースがあります。
このため飲み忘れの対処法も、その飲み忘れた時間によって変わってきます。
一般的なピルでは一日以内(24時間以内)であれば、気づいた時点で服用し、次回の錠剤も決まった時間に服用することが可能です。
この場合には得られる避妊の効果は失われません。

24時間ちょうど、つまり丸一日を飲み忘れてしまった場合には2錠をまとめて飲めば良いとされますが、避妊効果が薄れる可能性があります。
ピルの場合には明確にその効果が薄れているというのは外見的にはわからないものであるため、丸一日の飲み忘れが発生した場合には別の避妊方法を併用することが推奨されます。

一方で24時間以上経過してしまった場合には、ピルによる避妊効果はほぼ期待できなくなります。
このため使用を中止するか避妊以外の目的として継続するかの2つです。
中止する場合には、次の生理日が来るまで待ち、新たに再開することになります。

一方で女性ホルモンの安定を目的としている場合には気づいた時に2錠飲み服用を継続します。
なお、ピルには28錠タイプがありますが、このうち最後の7錠は成分の入っていないプラセボです。
このためプラセボは飲み忘れても影響はありません。

飲み忘れを応用!意図的な生理日変更も理解しよう

低用量ピルは意図的に女性ホルモンを補充することによって生理日をコントロールすることができます。
このため安定した28日サイクルでの生理日にすることができます。

一方で服用方法を利用することによって生理日を変更することが可能です。
生理日を変更することができれば旅行のさいに不快な思いをせずに済みます。
特に長期間の旅行の場合には旅行中の生理日が来る可能性がありますが、ピルによって生理日を変更することで快適に過ごすことができます。

ピルによって生理日を変更する方法はいくつかありますが、普段から服用している場合には、早くする時は実薬を短縮する、休薬期間を短縮するといった方法があり、休薬を延長するといった方法があります。
実薬を短縮する場合には最低14日飲めば休薬に入っても避妊効果には影響がないとされ、15日目以降に中止して7日の休薬期間に入ることで最大で6日の生理日をはやくすることができます。
一方で休薬期間に出血が確認でき次第、再開するといった方法でも生理日を早くすることができます。

遅くする方法では、休薬期間に入らずに次のシートを服用するというものです。
この場合には最大で7日間の短縮が可能ですが、3シート以上は破綻出血が起こってしまう可能性があり、また無月経から戻れなくなるリスクもあります。
このため連続的に行える方法ではありませんが、比較的容易に行うことができます。
また休薬期間を延長することでも可能ですが、1周期前でないと避妊効果が失われるリスクがあるため注意です。

普段からピルを服用していない場合で推奨される方法としては1サイクル前の生理日5日目から中用量ピルを服用して、10日ほどで飲み止めるものと、生理初日から低用量ピルを飲み始め、14日服用して中止する方法です。
服用中止によって数日で生理が来るため生理日を早めることができます。
ただ生理日を変更する場合には避妊効果が失われるリスクもあるため変更中は注意が必要です。