薬を飲んでいる女性
きれいな女性

生理痛が重くて鎮痛剤が手放せないという方は多く、あまりに重度の場合は外出もままならないケースもあります。
症状の程度には個人差があり、ほとんど不快な症状は感じない方と、重すぎて寝込んでしまうという方もいます。
生理痛には鎮痛剤で対処することが一般的ですが、あまりひどい場合は婦人科で低用量ピルを勧められることがあります。
低用量ピルは女性ホルモンが配合された医薬品で、日本だけでなく海外の女性たちも避妊や美容目的で服用する薬です。
避妊目的で使われるというイメージが持たれていますが、低用量ピルは排卵を抑制する働きがありますので、重い生理や生理前の不快な症状であるPMSは起こらなくなり、そのかわり休薬期間には少量の出血が起こります。
避妊を目的としなくても、生理痛がひどい場合は日本でも月経困難症という症状に適用になっている低用量ピルがあります。
月経困難症の治療で使われる低用量ピルは健康保険が適用になりますが、低用量ピルをお得に購入したい場合は海外から個人輸入する方法もあるんです。
海外から個人輸入した場合、日本で販売されている価格の3分の1から半額くらいで購入することが可能ですし、種類も日本で販売されている数種類以外にもたくさんの種類から選ぶことができます。
海外ではピルは美容効果の高い商品でむくみや体重増加が起こりにくかったり、皮脂の分泌をコントロールしたりニキビを防ぐ効果があるため若い女性を中心に人気があり、今となっては海外で人気の低用量ピルは日本の女性たちからも注目される状態になってきていて、個人輸入代行業者のWEBサイトを通して購入されています。
避妊だけでなく生理痛やPMSの治療にも役立つのが低用量ピルの特徴です。

ピルがなぜ生理のトラブルに有効なのか

ピルというとどうしても避妊目的で使うことが一般的には知られていますが、それ以外にも婦人科で子宮内膜症など月経にまつわるトラブルを軽減する目的で使われることがあります。
ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。
一般的に日本でピルと呼ばれているものは低用量ピルと言って、副作用が起きにくいギリギリの少ない量で調節されたものが多いです。
月経にまつわるトラブルとしてよくある生理不順ですが、これはストレスや病気など何らかの原因で女性ホルモンが乱れたりうまく分泌されないことで周期がバラバラになってしまう現象であり、ピルを服用することで正しいホルモンサイクルに立て直すことが期待できます。
またPMSなどの月経困難症においても、ピルを服用することで子宮内膜の増殖を抑えて痛みの元となるプロスタグランジンの分泌量を減らしてコントロールすることで、不快でつらい症状を緩和させることができると期待されます。
また現代女性に増えてきている子宮内膜症に関しても、生理を繰り返すたびに症状が悪化することが懸念される場合に婦人科でピルを処方されることがあります。
これは、子宮内膜の増殖をピルが抑えることで症状の進行や悪化を防ぐことが期待できるためです。
こういった症状に使う場合には、使う薬の種類によって保険が利く場合と保険が利かない場合がありますし、症状に合わせてホルモンの含有量の違う薬を使う可能性もあるため、婦人科で医師によく診察してもらい、きちんと相談してから使い始めることになります。
副作用に関しては、現在使われている薬は以前と比べて副作用の少ないものが多いので気になるひとはぜひ一度婦人科で相談してみてはいかがでしょうか。

保険適用の避妊薬と血栓症の問題

通常の計画的避妊を目的とする利用の場合、経口避妊薬を医師から処方されたとしても、それは病気やケガの治療にあたらないために健康保険の適用は受けられませんが、月経困難症の治療などの目的で処方された場合については、立派な病気の治療にあたりますので、健康保険の適用によって通常よりも安価な窓口負担で済ませることができます。
しかし健康保険が適用されるからといってむやみに処方するのも問題になることがあります。
この経口避妊薬の服用にあたっては、ある種の副作用のおそれがあることが指摘されているからです。
微々たるものではめまいやむくみなどがありますが、基本的にはこれらの副作用はホルモン環境の変化に体が慣れるまでの間に起こる症状であり、時間が経てば自然と解消されるものが多いです。
もしこのような症状がひどく、あまりにも長く続くようであれば一度病院で診てもらう必要がありますが、決してそのような事例が多い訳ではありません。
このような副作用とは別に重篤なものとして挙げられているのが、血栓症です。
血栓症に関しては死亡事例まで出ているため、厚生労働省による注意喚起もなされています。
血栓症というのは、文字どおり血管のなかに血液のかたまりが溜まって血管をふさいでしまい、血液が正常に流れなくなる症状のことをいいます。
通常は経口避妊薬を服用したからといって、血栓症にかかる確率はかならずしも高くはないのですが、ヘビースモーカーのように血管が収縮しやすい人の場合には、血栓症にかかりやすいリスクを抱えていますので、服用には慎重になったほうがよいといえます。